歯にくっつく茶渋の3つの原因と対策について!

歯にくっつく茶渋の3つの原因と対策について!

 

歯に茶渋が付くのはなぜ?3つの原因

年齢にかかわらず歯にくっつく茶色の色素…

 

・茶色っぽい線が入ってる
・前歯に茶色っぽい色素が付いてる
・歯の一部が焦げたように茶色くなっている

 

症状はさまざまですが、どうしてそんな風に歯に茶色の色素がくっついてしまうんでしょうか。

 

その着色してしまう、促進させてしまう3つの原因があるんです!

 

茶渋がくっつく飲み物を飲み続ける習慣がある

コーヒーや紅茶、ワインにはカフェイン、タンニンなど歯の茶渋の原因になる成分が含まれています。

 

それを毎日習慣にしてしまうと、どんどん茶渋が歯の表面にあるペリクルという膜にくっつき沈着していきます。

 

そして、最終的に茶渋は歯のエナメル質とイオン結合(強固な磁石のイメージ)して歯磨きでは簡単に取れない状態になってしまいます…

 

一番簡単なのはその習慣をやめることなんですが、それができたら苦労はしないですよね…

 

対策としては、食後の早めの歯磨きが大切です!

 

理想としては、1日3食食べるなら食後に3回の歯磨きをする、できなければ水でうがいをする、ガムを噛むなどしましょう。

 

きちんとした歯磨きができていない

正しい歯磨きの仕方をしている方、以外と少ないんです。

 

・歯磨きに1分も時間をかけない方
・ガシガシと歯ブラシが大きくしなるほど力を入れて磨いている方
・大きく振って一度に複数の歯を磨いている方
・鏡を見ずになんとなくで済ませてしまう方

 

正しい歯磨きをしないことでくっつき始めの茶渋を落とすことができず、どんどんカチカチで取れない状態になってしまい、さらに悪化し続ける…

 

そんな状態になってしまいます。

 

歯医者で指導を受けるのが良いんですが、難しいようでしたら動画で具体的に説明されているものもあるので、そういうのを参考にしましょう。

 

 

茶渋がくっつく口内環境になっている

人によって個人差はどうしても出てきてしまいます。

 

歯並びや唾液の分泌量は違いますし、もちろん生活習慣によっても違ってきます。

 

その違いによって、歯に茶渋がどのくらいくっつくかどうかも変わってきます!

 

・歯並びが悪く、磨き残しが出やすい部分がある
・口呼吸で唾液の分泌量が少なくなっている
・歯のすき間が広くて食べかすや着色料が入り込んで着色する

 

どうしても歯に茶渋がくっつきやすい方は、歯磨きとは別の工夫もしてみてはいかがでしょうか。

 

歯並びが悪い → ワンタフトブラシ(丸い小さいブラシ)を駆使する
唾液の分泌量が少ない → 鼻呼吸を意識する
歯にすき間がある → デンタルフロスを使う

 

あなたに当てはまる点はありましたか?

 

この3つのポイントに気をつけて、まずは茶渋を防ぐ・溜め込まないといった意識が大切です。

 

茶渋を落とすならプレミアムブラントゥースがおすすめです

 

ホワイトニング歯磨きジェル『プレミアムブラントゥース』です。

 

植物のちからを借りた天然素材のジェルで、研磨剤を使用していないです!

 

歯の表面にはペリクルという膜(たんぱく質)がありますが、これは黄ばみ・茶渋など汚れを引き寄せる原因があり、プレミアムブラントゥースはその汚れ付きペリクルを浮かして落としてくれるんです。

 

また、虫歯や歯周病の菌の撃退、付いてしまった歯垢を剥がれやすくするなど嬉しい効果も♪

 

いまはキャンペーン割引もあって始めやすくなっています。

 

上に書いた対策とこのプレミアムブラントゥースを組み合わせることで、もっと効果的に、効率良く歯を白くできるんじゃないでしょうか(^ ^*)

 

>>プレミアムブランとトゥースを使ってみたらわかったこと【効果など口コミ】